ENGLISH

2011年08月02日
SCEワールドワイド・スタジオ

ゲームソフトウェア開発力のさらなる強化に向け、
米国Sucker Punch Productionsを買収

『インファマス』シリーズなどの制作を手掛けるゲーム開発会社がSCEワールドワイド・スタジオの一員として参画。
魅力的な「プレイステーション」専用タイトルの創出をさらに促進。

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、日米欧のソフトウェアタイトル制作部門を統括するSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)の開発力を強化、拡大するため、世界的ヒットを誇る『スライ・クーパ-』、『インファマス』シリーズの開発会社、Sucker Punch Productions(本拠地:米国 ワシントン州 ベルビュー市)を本年8月2日に買収いたしました。SCE WWSファミリーとしては16番目のスタジオとなる同社は、今後、その創造力を生かした「プレイステーション」フォーマット専用のソフトウェア制作に尽力してまいります。

Sucker Punch Productionsは、ユーザーの皆様からも高い支持を得ている「プレイステーション 2」(PS2®)向け『スライ・クーパ-』シリーズと「プレイステーション 3」(PS3®)向け『インファマス』シリーズを手がけたソフトウェア開発会社で、その功績は数々の受賞を通じて認められています。両フランチャイズの販売本数は合計で700万本を超え、大変好評を博しています。Sucker Punch Productionsは、数々の受賞歴を誇るアニメーション技法やアートディレクションに加え、ビジュアルの表現力、没入感のあるストーリー展開、個性豊かなキャラクターの描画、インタラクティブ性の高い世界観の創出等、クリエイティビティに長けたその才能を存分に発揮し、「プレイステーション」フォーマット用に輝かしいヒットタイトルを提供してまいりました。

今回の買収を通じ、Sucker Punch Productionsは、これまでSCEと築いてきた強固な信頼関係を土台に、今後はSCE WWSのメンバーとして、いままで培ってきた技術力をもって「プレイステーション」に新たなエンタテインメントを届けてまいります。今後の経営は、これまでと変わらず同スタジオのマネジメントチームが、新たにSCE WWS Foster City Studioと連携しながら進めていきます。買収に伴う合意条件等については、公表しておりません。

SCE ワールドワイド・スタジオ
プレジデント 吉田修平のコメント:

「業界で最も高く評価されている開発会社の一つであり、且つ優れた制作力を備えたSucker Punch ProductionsとSCEとのお付き合いは12年以上になります。今回、同スタジオが『プレイステーション』ファミリーの一員となったことを心より嬉しく思っています。SCE WWSは、同スタジオの強力なサポートにより、これまでにも増して『プレイステーション』ならではのエンタテインメント体験を創造してまいります。今年度はSCE WWSからPS3を力強く牽引するタイトルラインアップのみならず、PlayStation®Vita(PS Vita)専用の革新的なコンテンツもお届けする予定ですので、どうかご期待ください」

Sucker Punch Productions
マネージングパートナー Brian Flemingのコメント:

「Sucker Punch ProductionsとSCEの信頼関係は厚く、これまでも、当スタジオが有するクリエイティブな創造力とSCEの深い洞察力を結集して、『プレイステーション』プラットフォーム向けに数々のヒットタイトルを生み出してきました。また、SCEは我々の制作活動を信頼し、強力にサポートしてくれた結果、多くのユーザーの皆様に愛されるタイトルを制作することができました。今後は、SCEグループの一員として、皆様に、より革新的でインタラクティブ性の高いゲーム体験をお届けできるよう取り組んでまいります」

SCE WWSは、日米欧にある16のスタジオが有する2,700人以上のスタッフの創造・才能と技術力を集結することにより、PS3®およびPSP® 「プレイステーション・ポータブル」、PS Vitaの魅力を最大限に引き出した、コンピュータエンタテインメントの世界を実現してまいります。

以上

* 「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS3」、「PS2」、「PSP」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。