社会貢献活動

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、新しいコンピュータエンタテインメントの発展に努めると共に、社会の一員として豊かな社会環境をはぐくむための支援活動を世界中で進めています。社員一人ひとりが地域社会と関わり、視野を広げ、社会と調和する企業の健全な発展につなげることができるよう、各国のSIEグループ会社および社員は、企業市民として積極的な活動を展開しています。
SIEは、豊かで夢のある社会作りに貢献することを通じて、企業価値をより一層高めていきたいと考えています。

日本

会社訪問

会社訪問

1998年~ ※ 会社訪問の受け入れは、現在一時停止しております。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、全国の小・中・高校生を対象に、会社訪問/職場訪問を受け入れています。 総合学習・修学旅行の班別研修・キャリア教育など、さまざまな学習目的に対応できるよう、いろいろなプログラムを用意しています。みんなでプレイステーション博士になろう!
詳しくはこちらをご覧ください。

ゲームを題材にした授業の実施

ゲームを題材にした授業の実施

2006年~(継続中)

青少年の健全育成を目的に、ゲーム産業に関わる授業の開発・実施を行なっています。テレビゲームとの適切な付き合い方(メディアリテラシー)やゲーム会社で働く人々の紹介(キャリア教育)など、全国の小・中・高等学校にて訪問授業を行なっています。
詳しくはこちらをご覧ください。

初代「プレイステーション」分解ワークショップの実施

初代「プレイステーション」分解ワークショップの実施

2014年 3月

体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場)で初代「プレイステーション」分解ワークショップを開催しました。SIEの現役エンジニアが白衣に身を包んだ「分解博士」に扮し、製品開発の工夫話などをまじえて子どもたちと触れ合いました。各日小学3年生から中学3年生までの親子24組が参加し、初代「プレイステーション」を自分の手で分解することで、ゲーム機の仕組みや工具の使い方を学び、ものづくりの楽しさを体験しました。

新入社員の社会貢献活動への参加

新入社員の社会貢献活動への参加

2013年 9月

2013年度の新入社員は江ノ島東浜海水浴場(神奈川県藤沢市)で海岸清掃のボランティア活動を行いました。清掃用具とゴミ袋を手に、煙草の吸殻やペットボトルや空き缶など、夏の行楽客が思い出と共に残していったさまざまなゴミを集めました。すっかり綺麗になった砂浜で達成感を感じつつ、ひとりひとりが公共の場でマナーを守る大切さをかみしめ、社会貢献への第一歩を刻みました。

「インターネット・ホットラインセンター」への支援活動

インターネット・ホットラインセンター

SIEはインターネットの健全な発展のため、インターネット・ホットラインセンターの活動に協力し、 安心して利用できるインターネットの安全な環境づくりの支援を行っています。

リンク:http://www.internethotline.jp/



北アメリカ

フィリピン台風30号被害への救援活動支援

2013年 12月

ソニー・インタラクティブエンタテインメント アメリカ(SIEA)は、2013年11月にフィリピンを直撃した台風30号の壊滅的被害に対して、「マッチング・ギフト」による支援を実施しました。これは社員からの寄付金に会社から同額を加えて寄付をする制度で、SIEAからアメリカ赤十字社と公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンに寄付しました。

ハリケーン・サンディ救済基金活動

2012年 12月

2012年10月にアメリカ東部を襲ったハリケーン・サンディの救済基金を社内で募りました。社員からの寄付金に加え、SIEAからは「マッチング・ギフト」により同額の寄付を行いました。

乳がんチャリティイベントへの参加

乳がんチャリティイベントへの参加

2012年 10月

SIEAのスタッフは、サンフランシスコで開催されたアメリカがん協会主催の乳がんチャリティーイベント、「Making Strides Against Breast Cancer Walk」に参加し、募金活動と啓発活動に積極的に取り組みました。



ヨーロッパ

Prince's Trustへの支援

2012年~(継続中)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ヨーロッパ(SIEE)は、英国のチャールズ皇太子により青少年支援を目的に設立されたチャリティー団体、「Prince's Trust」を資金援助を通じて支援しています。またPrince's Trust主催のワークショップでは、SIEEとして新しい従業員にウェブデザインなどの専門知識を教授するなど、駆け出しのビジネスアイデアに対してのサポート活動も行っています。

コミュニティ パートナーシップ

コミュニティ パートナーシップ

2008年~(継続中)

SIEEリバプールオフィスは、現地のGrandison Allotment Societyと共同プロジェクトを立ち上げ、ローカルエリアの保護・修復活動に携わっています。保護・修復されたその土地は、子ども達が植物の育成や調理を学ぶ際に役立てられています。2008年には荒廃した土地を活気あふれる場所によみがえらせ、地元の学校のガーデニングクラブへ提供し、2011年にはクラブハウスやフェンスのペインティング、ビニールハウスの張替えなどの活動が行われました。2012年には、フェンスのペインティング、小道の除草、耕作など、主にメンテナンス作業を行いました。

PlayStation®First

PlayStation®First

2012年 8月

SIEEは、アカデミックパートナーシッププログラムとして発足した、PlayStation®Firstの活動に積極的に取り組んでいます。このプログラムは、SIEとSIEワールドワイド・スタジオが大学でのゲームに関連した教育やリサーチ、および才能の育成を支援するもので、プレイステーションのプラットフォームを通じ、公共機関とのパートナーシップを築き上げることで革新を起こすことを目的としています。SIEEはゲーム開発用のハードウェアを大学に提供することで、コンピュータエンジニアリング、コンピュータサイエンス、ゲーム開発や創造性に富んだゲームデザインの教育に貢献しています。



アジア

香港・九龍でのチャリティ・ウォーキングイベントへの参加

香港・九龍でのチャリティ・ウォーキングイベントへの参加

2014年 1月

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ホンコン(SIEH)のスタッフは、地域に密着したNGO団体が主催するチャリティイベント、「2014 Hong Kong & Kowloon Walk for Millions」に参加しました。このイベントを通じSIEHのスタッフによって集められた寄付金は、家族という観点から社会奉仕を行うNPO団体、「Family and Child Welfare Services」に寄付されました。

洋服のリサイクルプログラム

洋服のリサイクルプログラム

2013年 2月

SIEHのスタッフは、新品だけど着ていない服、または新品同様の服を持ち寄り、NGO団体の「St. James Settlement」が運営するブティック、Green Ladiesへ寄付しました。その全収益は、St. James Settlementでの活動支援金として役立てられています。

グローバル・ゲームジャム 2013

グローバル・ゲームジャム 2013

2013年 1月

SIEHは、香港で行われた世界中のゲーム開発者らが同時にゲーム開発を行なう世界規模のイベント、「Global Game Jam」のスポンサーとして携わり、CSR活動の一環として行っているゲーム制作の"Social Impact Award"において、受賞者へ「プレイステーション 3」を贈答しました。