戻る

SIEサバイバル辞典

Sony Interactive Entertainment (SIE)に入社後に出会うであろう未知の単語たちを、SIEで働く先輩たちの「だいたいこんな感じ」という説明をもとに辞書としてゆるーくまとめました。

※ コンテンツ作成時(2015年)の社名・グループ社名表記とさせていただいております。

あーるえむ【RM】

PlayStatio®Vitaのメモリーカードのこと。仮の名称がリムーバブルメディアだったため。現在は MC(メモリーカード) が正式名称。ドキュメントではMCとなっているが、実際に呼んでいる人はあまり見ない。

あーるえいちきゅー【RHQ】

《Regional Headquarters》
各地域ごとのビジネスを担当する拠点。SCEJA、SCEA、SCEEの3つがある。

あーろんちぇあ【アーロンチェア】

PDIでスタッフが使用するHerman Miller製の高級椅子。保証期間はなんと12年。そう考えると安いですね。

あいのひと【アイの人】

SCEIの人のこと。IといえばSCEIのこと。
→ ジェーの人

あくてぃべーしょん【アクティベーション】

  1. 開発機を使用できる状態にする事。
  2. PlayStation®4、PlayStation®Vitaなどを、PSNアカウントにひもづけること。機器認証。

あっしー【Assy】

Assenblyの略。機械を組み立てること。いまだになぜ省略しているのか謎。

あるふぁ【α】

ゲームタイトル開発の一段階。仕様がすべて実装されている状態、または実装する段階のこと。α版。

あんでぃさん【Andyさん】

SCEI社長兼グローバルCEO。社員からは、親しみを込めてアンディさんと呼ばれることが多い。

いー【E】

  1. SCEEのこと。→ すきー
  2. Endの略。月の下旬を表す。「7/―に海行くぞ〜!」

いーすりー【E3】

《Electronic Entertainment Expo》
米国のロサンゼルスで開催される世界最大のゲームショウ。

いーてぃーえー【ETA】

《Estimated time of Arrival》
到着予定時間のこと。

いーぶいてぃー【EVT】

《Engineering Verification Test》
手造り試作に相当。EVT → DVT → PVTの順で行われる設計イベントの1番目。

いーぶいぴー【EVP】

《executive vice-president》
直訳すると執行副社長。一般的にSVPよりも上級の役職のようだ。

いきてる【生きてる】

仕様が変更されていない事を指す。主にプランナーの関わる場で使われる。「その仕様ってまだ―たの?なんで?」

いつ

最初に覚える呪文。 「いつもお世話になっております。」 を変換する時に使う。辞書ツールに入れておくと詠唱時間を短縮できる。主に社外の方とのやり取りで使う。

いんせんてぃぶ【インセンティブ】

希望。タイトルが利益を出した際、あるいは順調にα、β、マスター承認を得た際に支給されるボーナス。前者を利益配分ボーナス、後者をマイルストンボーナスと呼ぶ。その名の通りやる気UPに繋がる制度だが、個人評価ボーナスとかいろいろあってなんかゴニョゴニョ。

う ゙ぃーた【Vita】

皆さんご存知PlayStation®Vita。通勤時間はコレで決まり!

うどん

SSJ食堂の人気メニュー。値段もお手ごろで天ぷらや油揚げを追加することで飽きにくく、安定感抜群。迷ったらこれ。

えー【A】

ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(Sony Computer Entertainment America)のこと。略してSCEA。「―の○○さんからお電話でーす」

えーばぐ【Aバグ】

Aクラスのバグのこと。タイトル制作及びハード制作においては、おそらく最悪のバグ。タイトル制作で言えば、進行不能のハマリに陥ったり、フリーズしてしまう等。最優先で解決しなければならないバグであり、マスターアップ直前に発見されると肝が急冷される。SCEIのソフト開発ではSバグもあるらしいので、部署によってニュアンスが異なる模様。

えすえすじぇー【SSJ】

SSJ品川ビルのこと。持ちビルではないので下手なことをすると総務に怒られる。

えすしーいーあい【SCEI】

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの本社機能。人事部などの管理部門や事業部などの開発部門が含まれる。

えすしーいーじぇーえー【SCEJA】

SCEのRHQのひとつで、日本およびアジアでの戦略・営業・宣伝販促・販売を担当している。

えすでぃーけー【SDK】

《Software Development Kit》
PlayStationの各種基本機能を呼び出すためのライブラリや、シンプルな使い方を示すサンプルなどが入っている。PS4®やPS Vitaで動くプログラムを開発するためには、SDKとPCと開発機が必要である。

えすでぃーけーまねーじゃー【SDK Manager】

SDKや開発ツールをPCにインストールするだけではなく、バージョンの切り替えもやってくれる気の利いた素敵なソフト。しかしSDKを開発している当人らは「なにそれ?」と、意外と存在すら知らないものだったりする。

えすぶいぴー【SVP】

《senior vice-president》
とても地位が高い、迂闊に話しかけられない。

えでぃ【Edy】

社内での支払いは全てこれ1枚で済む。むしろこれしか使えなかったりもする。

えふわい【FY】

《Fiscal Year》
年度の硬い言い方と思えばOK。というよりも日本語でOK。 「―12」→ CY

えふえふ【FF】

《Feature Fix》
ソフトウェア開発における節目のひとつで、これ以上機能追加を行わないことを指す。実際には変更が入りまくってFFとは何だったのだろう?という気持ちになる。
→ CF、GM

えむ【M】

Middleの略。月の中旬を表す。「5/―までお休みで!」

えるてぃー【L/T】

《Lead time》
発注(生産開始)から納品までにかかる時間。

えんばぐ【エンバグ】

《enbug》
バグを直したつもりが、さらにバグること。

おそれいりますが【恐れ入りますが】

恐縮の姿勢を示し謙虚に振舞うための魔法の言葉。

おつ

最初に覚える呪文。「お疲れ様です。○○部○○です。」を変換するときに使う。辞書ツールに入れておくと詠唱時間を短縮できる。主に社内の人とのやり取りで使う。

かいぎしつ【会議室】

要予約。特にソニーシティの会議室は争奪戦につき、うかうかしている場合ではない。どうしても使いたい場合は先に予約を入れている社員にネゴシエーションするのもアリ。

かえるでい【カエル Day!】

毎週水曜日にフロアの入り口に『どこでもいっしょ』のキャラクター「リッキー」の絵が表示され、なごみつつ定時帰宅を促します。

かしこまりました

心意気を証明できる魔法の言葉。

かふぇぷれ【カフェプレ】

SSJビル10Fにあるコーヒーショップ。ネーミングは平井さんによるもの。Cafe PlayStationの略だと思う。食堂営業時間外でも営業しているのが嬉しい 焼き立てパンがすごく美味しい。

きゅーあんどえー【Q&A】

《Question & Answer》
想定問答集。予想される質問、およびその質問への回答をまとめたもの。主に新製品や新サービスを発表する前に作成される。発表せずとも問合せを受ける事が予想される事態が発生する(した)際にも作成される。

くえる【食える】

問題解決を指す。主にプランナーの関わる場で使われる。
「その仕様で、さっきの件は―だろ?」

くたたん

いわずとしれたSCE創業者久多良木健氏のニックネーム。運がいいと遭遇できるかもしれない。

ぐらんつーりすも【グランツーリスモ】

ポリフォニー・デジタルが開発している車のゲーム。

くりぱ【クリパ】

クリスマスパーティのこと。SCEでも人事部主催で例年開催されている。食事やプレゼントが振舞われ、社員の7割程度が参加するBIGイベント。その年の新人さんが企画・運営することになっており、結構大変。

くろ【クロ】

たいていトロの横にいる。本名、誕生日、血液型は不明(野良なので)。ゲームとお酒をこよなく愛するノー天気なオヤジネコ。雑学に関してはかなりの博識を披露する。

くろーず【クローズ】

  1. バグを解決して、バグ報告が閉じる事。
  2. 問題が解決して、議論及び報告終了となる事。

くろすめでぃあばー【XMB】

PSP®やPS3®で使われているユーザーインターフェース。横にゲーム・ビデオ・ネットワーク、などのカテゴリが並び、そこから縦に各コンテンツが配置されている。ゲーム機だけでなく、BRAVIAなどの一部ソニー製品にも使われている。

げーむやろうぜ【ゲームやろうぜ!】

1995年から1999 年にかけて実施されていたPlayStation®向けのゲームソフトクリエイターオーディション。「XI[sai]」や「どこでもいっしょ」などもここから生まれた。PlayStationC.A.M.P!の前身。

ごー【Go】

PSP®「プレイステーション・ポータブル」goのこと。

ごくひ【極秘】

《Secret》
三段階の機密情報分類の中で最強の機密性を誇る。公開前の発明や他社の技術情報など、ソニーグループ全体に重大な影響を与える情報。極秘という甘美な響きに魅了されて「これ、極秘なんだけど...」とか気軽に話そうもんなら首どころか手首や足首も吹っ飛びかねない。

ごじゅうだいだんせい【50代男性】

吉Pさんの別名。真剣にゲームをプレイする元少年。
吉Pさん

こじんべつきゅうか【個人別休暇】

代休や有給休暇と異なり、その年中に必ず消化しなければならない休暇。

さーどぱーてぃ【サードパーティ】

PlayStationプラットフォーム向けのゲームを作ってくれる会社様。SCEにとっては大切なお客様であり、強力な仲間でもある。

さる【サル】

JAPANスタジオに生息する、特殊なヘルメットをかぶったサルのこと。警戒すると赤いのがクルクルする。

さん

SCEでは先輩も偉い人もみんな「さん」付けで呼ぶことが多い。

しーえふ【CF】

《Code Freeze》
ソフトウェア開発における節目のひとつ。 このフェーズになるとQAから上がってくるバグを修正する場合を除いて、変更も修正もしてはいけない。

じーえむ【GM】

《Golden Master》
QAのバグチェックなどを全てクリアして本当に発売・リリースされるバージョン。ゴールデンマスター。
→ マスター、CF、FF

じーてぃー【GT】

⇒ グランツーリスモ

しーわい【CY】

《Calender year》
1/1 - 12/31 の一年間。
→ FY

じぇーのひと【ジェーの人】

SCEJAの人のこと。JといえばSCEJAのこと。
→ アイの人

しじしょ【指示書】

甘美な響き。面倒な問題解決も、指示書と言って渡されれば何故かゲーム性を纏う。
→ インパクト

しすてむそふとうぇあ【システムソフトウェア】

ゲーム機を動かしている基本ソフトウェアのこと。ブラウザアプリやビデオアプリなど、最初からゲーム機に入っているアプリも含んでいる。頻繁にアップデートがあるが、回数を減らしたいと思っている。

じっき【実機】

いわゆる普通のお店で販売される、普通のハードウェアのこと。CEX。SET。
→ 開発機、デバッギングステーション

しゃがいひ【社外秘】

《Internal Use Only》
三段階の機密情報分類の中で最も機密性が低い分類。社員規則やマニュアル類など、ビジネスに与える影響が比較的小さい情報。とはいえ、気軽に漏らしていいわけもなく、扱いには注意が必要。

しゃないびん【社内便】

社内の誰かにお手紙を出したいなーと思った時にはコレ。部署と名前を書いて出すとその人の元へ届く。ビルが違っても届く。いったん各ビルのメールセンターに集められ、そこから配られている。

じゃぱんすたじお 【JAPAN スタジオ】

WWSに所属するSCEの内制タイトル開発スタジオ。SCEハードの魅力を引き出せるようなタイトルを日々研究・制作中。

しゅはり【守破離】

武道、芸能等で用いられる、修練の過程を表す言葉。様々な解釈がなされているが、ビジネスの場で用いられる場合、最初はチームのしきたりや先輩・上司の教えを忠実に守る、次に独自に工夫し、教えられなかった方法を試してみる。その後、元の教えを離れ、自分なりの一流を確立する、といったところか。最初から破や離を考えるのは好ましくないことが多い。まずは守。

しよう【私用】

勤怠連絡において用いられる魔法の言葉。何人たりともそれ以上深く踏み込むことはできない。

しよう【仕様】

ソフト・ハード開発において用いられる魔法の言葉。何人足りともそれ以上深く踏み込むことはできない。

しょくどう【食堂】

SSJビルだと10FのPlayStation Park、ソニーシティだと12FのPlatを指す。
→ 社食

すきー【SCEE】

ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ(Sony Computer Entertainment Europe)のこと。その略称のつづりからこう発音する人も多い。
→ いー

すとあ【ストア】

PlayStation®Storeのこと。

すぽやろ【SPOYARO!】

SCEでいくつかある〇〇やろうぜ!企画の一つ。社員3人以上でスポーツをすると、福利厚生として1人当たり2万円までの補助が出る。年に1回で、4 月でリセットされるので、みんなギリギリに雪山へ行くことが多い。

すりー【3】

PlayStation®3のこと。

せかんどぱーてぃ【セカンドパーティ】

SCEから発売されるタイトルを実際に開発する会社様。もちろんファーストパーティであるWWSは除く。ファーストパーティ、サードパーティの間をとった造語であり、一般的には余り普及していない単語の模様。あまり詳しくない人にとっては、ファーストパーティタイトルと勘違いされたりするが、セカンドパーティタイトルはSCEでは開発していない。

にゅうしゃせんせいしき【入社宣誓式】

新卒が初めて社員にお披露目されるイベント。

そに

『いつ』と同様、最初に覚える呪文。「ソニー・コンピュータエンタテインメント〜部〜です。」を変換する時に使う。辞書ツールに入れておくと詠唱時間を短縮できる。

そにーしてぃ【ソニーシティ】

ソニー本社ビルと呼ばれることも多い。ソニーシティ15Fと16FがSCEの本社。下水処理水をビル内に循環させて空調に役立ており、環境にも配慮している。エレベーターの他にエスカレーターもあり、数階の移動が非常に楽。

だぜ

重力を操る猫と少女が好きな人がよく使う語尾。

だぶりゅーだぶりゅーえす【WWS】

⇒ワールドワイド・スタジオ
書く場合にはいいが、読む場合には略語といえないぐらい読みにくい。

ちゅーたー【チューター】

新入社員の教育係のような役割を任された先輩のこと。

ちょっき【直帰】

外出先から会社に戻らず直接帰宅すること。

ちょっこう【直行】

会社に出社せずに直接外出先へ向かうこと。

ちょっこうちょっき【直行直帰】

会社に出社せずに外出先へ直接向かい、さらに会社に戻らず直接帰宅すること。

つー【2】

PlayStation®2のこと。

でぃーえるしー【DLC】

ダウンロードコンテンツ。一般的に、ゲームの製品版購入後に追加で楽しめるコンテンツをダウンロードするおまけパッケージのようなもの。

てぃーじーえす【TGS】

⇒東京ゲームショウ

でいわん【Day1】

発売初日のこと。 例えばPS4®の場合だと2013年11月15日(海外)。

でばっぐ【デバッグ】

一般的にソフトウェアのバグの原因を調査し、修正する一連の作業を指す。

てれかん【テレカン】

電話会議。テレコン。

とうきょうげーむしょう【東京ゲームショウ】

毎年秋に幕張メッセで行われるコンピュータエンタテインメントの日本最大の総合展示会。世界最大のゲームショウだった年もある。
→ TGS。

とるつめ【トルツメ】

とって、つめること。文章の校正時に頻出。「PlayStation ®Vitaのnと®の間は―」

とろ【トロ】

本名は井上トロ(名前の由来はひろってくれた井上寿司のご主人が命名)。将来の夢は「人間になること」。ボタンつけ3級の資格を持っている。

なまとろ(なまくろ)【生トロ(生クロ)】

遭遇できたらラッキー、イベントに出現。

のーてぃどっぐ【Naughty Dog】

SCE傘下のゲーム開発スタジオ。アメリカ、カリフォルニア州のサンタモニカにある。クラッシュバンディクー、ジャック×ダクスター、アンチャーテッドなどのシリーズで知られる。アンチャーテッドシリーズは全世界累計出荷本数が1400万本を突 破している。社名の意味は無茶犬。

のーりたーん【NR】

《No Return》
外出後、会社に戻らず直帰すること。「外出―」「外回り―」

ばぐ【バグ】

コンピュータプログラムやハードウェアに存在する欠陥、仕様外の挙動や動作など。たいていの場合は前者のことを指し、後者はハードウェアバグと呼んで区別する。バグは深刻度に基づくランク付けによって管理される。

ひ【秘】

《Confidential》
三段階の機密情報分類の中で二番目にあたる分類。業務報告書やプレスリリース前の製品情報など、個々のビジネスに対して重大な影響を与える情報。

ぴー【P】

PSP®「プレイステーション・ポータブル」のこと。

ぴーえすえぬ【PSN】

PlayStation®Networkのこと。

ぴーでぃーあい【PDI】

一般には浸透していないポリフォニー・デジタルの略称。

びー【B】

Beginの略。月の上旬を表す。「3/―目標で!」

ひらいさん【平井さん】

前SCEI社長兼グループCEO。レースゲームが好き。昔はお酒が一滴も飲めなかったらしいが、今では普通に嗜まれるとのこと。

ふぁーすとぱーてぃ【ファーストパーティ】

ゲームハードを作っている会社内のソフト制作スタジオのこと。PlayStationのファーストパーティはWWS。日本でSCEのファーストパーティという場合には、特にJAPANスタジオを指すことが多い。

ふぁみりーでー【ファミリーデー】

社員の家族が職場見学として堂々と会社に連れてこられるイベント。 食堂でソフトクリームが提供されたり、ゲーム体験コーナーや生トロ・生クロと写真撮影といった子供が喜ぶサービスが嬉しい。

ふぉー【4】

PlayStation®4のこと。

ぷるるっ ぷるるっ

電話の音。この鳴り方がしたら内線から。自分の部署名を名乗る。

ぷるるるるるるる

電話の音。この鳴り方がしたら外線から。「はい、ソニー・コンピュータエンタテインメントです」と名乗る。

べーた【β】

ゲームタイトル開発の第二段階。仕様がすべてFIXし、バランス調整なども行われている状態。β版。

ほうれんそう

報告・連絡・相談の略。社会人のコミュニケーションの基本であることはSCEでも変わらない。

ぽりふぉにーでじたる【ポリフォニー・デジタル】

全世界でシリーズ累計7000万本以上を販売しているレースゲーム、「グランツーリスモ」の開発会社で、SCEの100%子会社。ファーストパーティなのでSCEといろいろ関係が> → PDI

ますたー【マスター】

ゲームタイトルやSDK開発の最終段階。言わば完成版。マスター版。
→ GM

ますたーあっぷ【マスターアップ】

QAに提出したマスター版がチェックをクリアして承認され、製品版として正式に認められること。基本的にはゲーム制作チームのゴール地点であり、感動の瞬間である。

まつ【末】

○月末の略。2月末なら「にまつ」、6月末なら「ろくまつ」と言う。

ままいき【ママイキ】

そのままいくこと。文章の校正時に頻出。「この部分は―でお願いします。」

やまうちさん【山内さん】

ポリフォニー・デジタルの代表取締役プレジデントであり、SCEワールドワイドスタジオのEVP。2011年にはレーサーとしてニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝した。

よしぴーさん【吉Pさん】

ワールドワイドスタジオのプレジデント吉田さん。愛称は吉P。昔から吉ピーと呼ばれている。ゲーマー。
50代男性

よろ【よろ】

比較的初期に覚える、相手にとどめを刺すための呪文。「よろしくお願い致します。」を変換するときに使う。辞書ツールに入れておくと詠唱時間を短縮できる。とりあえず最後につけたらいい。

りすけ【リスケ】

リスケジュール。スケジュールの再設定。

わーるどわいどすたじお【ワールドワイド・スタジオ】

日本・ヨーロッパ・アメリカなどに14の開発スタジオを持つ。日本では、JAPANスタジオとポリフォニー・デジタル WWSに所属している。SCEから見たファーストパーティ。WWS。