ダイバーシティの推進

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、ダイバーシティ(多様性)を尊重し、すべての社員が自分らしさを活かしながら、その能力を最大限発揮できる職場環境づくりを推進しています。

ワークライフバランスの取り組み

社員それぞれが自分のライフスタイルに応じて能力を最大限に発揮できるよう、性別の区別なく、仕事と家庭生活の両立を重視した各種制度導入・職場環境整備を行っています。「次世代育成支援対策推進法」に基づく行動計画を策定し、その目標達成が認められ、「子育てサポート企業」として認定された証である「くるみんマーク」を3回取得しました。

  • ワークライフバランスについて詳しくは、こちらのページをご覧ください。

LGBT理解促進の取り組み

LGBT(※)の社員が、差別や偏見なく自分らしさを活かし、個性が尊重され、安心して働ける職場環境の整備を推進しています。取り組みとして、配偶者にも適用される人事関連制度の一部(結婚祝い金、忌引き、社内家族イベントの参加など)を同性パートナーにも適用しています。また、「TOKYO RAINBOW PRIDE 2018」に協賛し、PlayStation®ブースを出展するなど、啓発活動を推進しています。

※LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性の同性愛好者)、Gay(ゲイ、男性の同性愛者)、Bisexual(バイセクシャル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別移行(性同一性障害)を含む)の頭文字をとった、多様なセクシュアリティーをもつ方の総称として広く使われている表現です。

*ソニー「ダイバーシティステートメント」について詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。