カルチャー |コーポレート |ダイバーシティ |ニュース | 公開日: 2月 25, 2021

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、黒人コミュニティを支援する戦略的パートナーシップを発表

米国内でテクノロジーとゲーム業界の学習・就業機会を次世代の黒人に提供する、初のパートナー団体の紹介
ソニー・インタラクティブエンタテインメント、黒人コミュニティを支援する戦略的パートナーシップを発表

■デベロッパーテクノロジーグループ シニアディレクター 兼 Social Justice Fund Committee統括 J. Patton

2020年6月、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、人種平等に向けて社会的正義、教育、経済的支援に取り組んでいる団体に対して、100万米ドルの投資と援助を約束しました。そして2月25日、SIEは、黒人コミュニティへの経済的な機会を提供する米国内の団体と新たにパートナーシップ関係を結んだことを発表しました。パートナーとなるのは、Black Girls CODEThe Hidden Genius ProjectGameheads、Black in Games (BIG)の4つです。

私たちはこれらのパートナーの皆さまと連携し、テクノロジー業界とゲーム業界の門戸を広げ、黒人の人々の意見に耳を傾けるより良い社会の構築を目指して、長期的に存続する変革を実現したいと考えています。

Black Girls CODE

Black Girls CODEは、STEM(科学・技術・工学・数学)分野における人種と性別の多様性の実現に向けて活動している団体です。アフリカ系アメリカ人の少女や有色人種の若い女性に教育の機会を提供し、これらの業界に足を踏み入れる機会を促しています。コンピューターサイエンスやコンピューター技術に触れることで、有色人種の7~17歳の女子らがSTEM分野のイノベーターとなり、自分たちのコミュニティを率いて、将来を自らの手で切り開いていけるように支援します。少数派コミュニティに属する若い女性たちに、プログラミングやゲームデザインを集中的に教えるワークショップや放課後プログラムを企画することで、彼女らが十分な知識を身につけ、クリエイティブな才能を解放できる安全な環境を作り出しています。

「2040年までに100万人の少女を対象にトレーニングを行い、最終的にはコンピューターサイエンス分野における黒人女性の数を増やしたいと考えています。ソニー・インタラクティブエンタテインメントからのサポートがあれば、Black Girls CODEの活動を推進し、女性クリエイターのインクルージョンが遅れている業界に、黒人女性がイノベーターとして活躍できる機会を増やしていけるでしょう。このパートナーシップは現状を変えていく一助となることでしょう。」- Black Girls CODE、CEO、Kimberly Bryant氏

The Hidden Genius Project

The Hidden Genius Projectは、5人の起業家および技術者の黒人男性が2012年に創設した団体です。地元のテクノロジー業界の求人が大量にある一方で、若い黒人男性の失業率は高く、その著しい差に彼らが問題を感じたことがきっかけでした。青年黒人男性らを対象に、生き方やコミュニティに変革をもたらすために技術の創出や、アントレプレナーシップ、リーダーシップに関するスキルのトレーニングや指導を行っています。学生と直接対話しながら実践的なプロジェクトを行うことで若い黒人男性に投資し、彼らが技術的訓練を受けて、開発や育成の行われる環境とつながりを持てるようにします。

「ソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStationチームのパートナーとなることができて光栄です。これまでの数年にわたり、Black@PlayStationのメンバーはテクノロジー業界やゲーム業界でのさまざまな仕事、能力、機会を試してみたいという若者たちを熱心に、そして意欲的にサポートしてきました。私たちの取り組みに対する今回の支援により、これまでも有意義であった共同活動が、さらに大きく発展することになるでしょう。これによって、よりたくさんの場所で多くの若者を支援できるだけでなく、もっと効果的に活動範囲を広げられます。長期的に協力し合い、有益な経験や成果を若い人々に提供できることを喜ばしく思います。」- The Hidden Genius Project、創設エグゼクティブディレクター、Brandon Nicholson博士

Gameheads

Gameheadsは、サンフランシスコ・ベイエリアの有色人種の若者たちを対象に、ゲームデザイン、開発、DevOps(開発・運用の仕組み)を介して、彼らがテクノロジーおよびゲーム業界でキャリアを築けるようにトレーニングを行う団体です。15~25歳の若者を中心にテクノロジービジネス向けのトレーニングを提供し、大学や就職、社会生活に向けて彼らが準備できるようにすることを目標にしています。若者にとって身近で関心を持ちやすい効果的な媒体を利用しており、それを通じて生徒たちがプログラミング、デザイン、プロジェクト管理、チームでの作業、リーダー業務のやり方を習得し、社会全体を豊かにする価値観を提供できるインタラクティブなプロジェクトを生み出す方法を学べるようにしています。

「この重要な活動の中で、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのパートナーとなれることにワクワクしています。Gameheadsは、ゲームやテクノロジー業界の門戸が広がることが、生徒たちだけでなく、私たち皆に有意義なことであると信じています。これによって黒人や有色人種の若者の意見や才能が私たちの未来を形作っていくことになるからです。成功のためには、プログラミングスキルに加え、ハードウェアやソフトウェアを使える環境、業界に触れる機会、メンターシップ、雇用機会を生徒に用意しなければなりません。ソニー・インタラクティブエンタテインメントのサポートがあれば、よりたくさんの有望な黒人の開発者に、彼らがこの業界を変革するために必要なツールを提供できます―ゲームはひとつずつ進めるものです。」- Gameheads、エグゼクティブディレクター、クリエイター、Damon Packwood氏

Black In Gaming

Gameheadsは、サンフランシスコ・ベイエリアの有色人種の若者たちを対象に、ゲームデザイン、開発、DevOps(開発・運用の仕組み)を介して、彼らがテクノロジーおよびゲーム業界でキャリアを築けるようにトレーニングを行う団体です。15~25歳の若者を中心にテクノロジービジネス向けのトレーニングを提供し、大学や就職、社会生活に向けて彼らが準備できるようにすることを目標にしています。若者にとって身近で関心を持ちやすい効果的な媒体を利用しており、それを通じて生徒たちがプログラミング、デザイン、プロジェクト管理、チームでの作業、リーダー業務のやり方を習得し、社会全体を豊かにする価値観を提供できるインタラクティブなプロジェクトを生み出す方法を学べるようにしています。

若者の成長する才能を育てることは重要な要素であり、Black Girls CODE、Gameheads、The Hidden Genius Projectがプロフェッショナルになりたい若者を育成しているのに対して、Black In Gamingでは、黒人の人々と既存の黒人専門家ネットワークの間を取り持ち、すでに存在するゲーム業界での黒人労働者数問題の改善に取り組みながら人々のつながりを増やしています。

「『5-in-5』構想はBlack in Gamingの基盤となるものです。2020年、ゲーム業界を取り巻く環境において、黒人のゲーム開発者および専門家の数を5年だけで2%から5%に増やすという目標を掲げました。この従業員数の戦略的な変革によって、ゲーム企業や商品によい影響が生まれるでしょう。使命を果たすためにソニー・インタラクティブエンタテインメントの援助を得られることを誇りに思います。」- BIG Foundation、取締役会長、Laura Teclamarian氏

今回初めて行われたパートナーの選出は、社会的公正と人種の平等性を実現する長期的な変革を促進するSIEの取り組みの一部であり、今後新たな戦略的パートナーシップを発表する予定です。SIEのBlack@PlayStationの従業員ネットワークは、幅広い人々が参加する労働環境の中で従業員に適切な権限を提供し多様性を認めるコミュニティであり、私たちは4つの団体を支援するだけでなく、この従業員ネットワークを通じて、継続的に黒人コミュニティと向き合いながら尊重し、支援を行います。

この記事の原文はこちら