コーポレート |ニュース |製品関連 | 公開日: 7月 28, 2021

プレイステーション®5の世界累計実売台数が1,000万台を達成

PS5™がSIE史上最速で普及したコンソールに
プレイステーション®5の世界累計実売台数が1,000万台を達成

Veronica Rogers、SVP、グローバルセールス&ビジネスオペレーション統括

この度、プレイステーション®5の全世界累計実売台数が、2021年7月18日時点で1,000万台を超えました。PS5™はソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の歴代プレイステーションにおけるコンソール史上、最速のペースで市場に普及しています。この喜ばしいニュースをユーザーの皆様と分かち合えることを大変嬉しく思います。

供給や世界的パンデミックなどの課題がある中で、世界中のユーザーの皆様に全く新しいゲーム体験をお届けできることを大変誇りに思います。プレイステーションでの体験がこれまでにない最高のものとなるよう、SIE社員が一丸となって全力を注ぎました。本ブログでは、その中でも大きく貢献したチームをいくつかご紹介いたします。

まず、ハードウェアやシステムソフトウェアの開発に携わったチームによって、超高速SSDや、没入感の深い3Dオーディオ、そしてハプティックフィードバックとアダプティブトリガーを搭載したダイナミックなDualSense™ワイヤレスコントローラーなど、革新的な機能を実現しました。PS5のエコシステムの基盤は、チームの持つスキル、忍耐力、そしてクリエイティビティによって作られたものと言えるでしょう。

また、PS5を発売した昨年11月以来、SIEのソフトウェアタイトル開発をグローバルに統括するPlayStation Studiosはその勢いを落とすことなく、PS5の能力を最大限発揮したタイトルのモメンタムを次々に打ち出しています。 

今後、PlayStation Studiosからは、サンタモニカスタジオの新作『ゴッド・オブ・ウォー』、ポリフォニー・デジタルの『グランツーリスモ™7』、ゲリラゲームズの『Horizon Forbidden West』などの独占タイトルのラインアップが控えています。SIEのパートナー各社様からは、『バトルフィールド2042』(ELECTRONIC ARTS)、『DEATHLOOP』(ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア株式会社)、『ファークライ 6』(Ubisoft)、『Kena: Bridge of Spirits』(EMBER LAB)など、待望のタイトルも発売予定です。

また、ハードウェアエンジニアリング&オペレーションのチームが中心となってPS5の生産を担当し、グローバルセールス&ビジネスオペレーションチームと連携することで、PS5を世界各地の市場及びお客様にお届けしてまいりました。両チームのたゆまぬ努力により、この未曾有の年に1,000万台のPS5をお届けすることができました。

PS5およびSIEが提供するゲームエンタテインメントを多くのファンの皆様にご支持いただいていることに、大変感謝しています。皆様からのご支援と信頼がなければ、このマイルストーンを早期に達成することはできませんでした。PS5の体験を楽しみにしていただいているお客様に一日でも早くお届けできるように、PS5の全世界への供給を着実に進めてまいります。

私たちはすべてのプラットフォームおよびサービスにおいて、プレイステーションのコミュニティ全体をこれまで以上にサポートしていきたいと考えており、ユーザーの皆様にあらゆる場面でプレイステーションが最高の遊び場であると感じていただけるよう、今後も尽力してまいります。

ありがとうございました。

原文はこちら