戻る
ぽし

ぽし
ゲームデザイナー
2019年度入社

スクロール

現在の担当業務を教えて下さい

ゲームデザイナとして、開発中のタイトルにおけるレベルデザインを主に行っています。

複数のレベルを担当として与えられており、プログラマ、アーティストの方々とも連携しながら(お世話になりながら)ゲームをつくっています。

なにが「面白い」のかということについて、手探りで考えていく時間は解が見えずつらくもありますが、非常にやりがいがあって楽しいです!

こうして入社直後に現場へ即投入してもらえたことも、モチベーションを高く保てる要因になっています。

就職活動をしているみなさんへの応援メッセージ

個人的にですが、ものをつくる職種の就活は実際につくったもの自体と、その経験によって得られた思考が重要だと考えています。

手を動かして、言語化して、それを武器として仕上げて持っていくと自信を持ちやすいと思います(もちろん不安もあるけれど...)。

愛すべき作品たちは自分の味方になってくれます。
また、学部で就活をしている人は、自分に足りないものを感じたら大学院に進むことも良い選択肢だと思います。

僕自身、今持つインタラクティブコンテンツの制作経験やスキルの多くは大学院の研究室で得たもので、それは入社後も助けになっています。

SIEへ入社を決めた理由

就活の際、一つの企業に所属することでつくれるものが狭まる気がして少し憂鬱でした...。
けれど、SIEはソフトもハードも広く手がけるエンタテインメント企業であり、
自分の当時の研究分野にも重なるVRのような新しい技術にも挑戦するところに可能性を感じて入社を決めました。

その後の入社直前のことでしたが、後輩とゲームを遊んだ際、楽しい時間と彼らの楽しむ姿に、ゲームの素敵さを改めて感じたことも、後押しになっています。
余談ですが、インタラクティブエンタテインメントという社名も、わくわくする言葉が並んでいて好きです。